いつ行っても暖かい?そんなことはないので注意しよう

いつ行っても暖かい?そんなことはないので注意しよう

沖縄で、楽しいひと時を満喫する方法などを案内しています。案内の中では、なぜ久米島が人気なのか、また久米島の気候はどのようになっているのかを案内していますので、良ければこれらも参考にして、久米島について詳しくなっていってください。

久米島とレンタカー

久米島は想像以上に広いので、久米島を散策する時はレンタカーを用いたほうが良いでしょう。また、レンタカーを借りる際は、室内にゆとりがあるワンボックスを借りたほうが良いです。

というのも、久米島は亜熱帯性気候で有名だからです。日本は高温多湿と言われているので、どこに行っても高温多湿の環境の中で、生活しなければいけないことを知っています。

しかし、久米島はかなり湿度が高い島だと思ったほうが良いです。そのため、あまりゆとりのない自動車を借りてしまうと、自動車内、シートなどが湿ってきて、気持ち悪さを感じることもあります。

誤解されている気候と現実

久米島のような島の環境は、かなり蒸し蒸しして暑いと思われることが多いです。ですが、それほど久米島は暑いわけではありません。

例えば、年間平均気温であれば東京と比べて6度高いだけで、夜中になると、東京と同程度の気温になってしまうからです。良く島は全体的に暖かいと言われていますが、正確には冬になっても暖かいという特徴があるだけです。

なので、体を冷やしてしまうような薄着はあまりオススメできません。

ガイドがいたほうが楽しい時間を過ごせる

久米島で楽しい時間を過ごしたいのであれば、ガイドを雇ったほうが良いでしょう。ガイドがいるだけで、どのようにして島を巡れば良いのかがわかりますし、楽しいトークのおかげで、より楽しい時間を満喫することもできます。

関連する記事